トレチノイン ハイドロキノン 顔のシミ消し

顔のシミもトレチノイン・ハイドロキノンクリームで消すことに成功!

本当にシミが消えました(20代/女性)

顔の目立つところに大きめのしみができてしまい、そのしみを消すためにトレチノインクリームを使用しました。最初はしみに効くクリームなんてあるのかと疑問に思っていたのですが、実際に使ってみるとその考えは変わりました。というのも、トレチノインクリームはかなり効果があったのです。

 

効果は使い始めてから数日で出始めました。とはいっても、この数日目からしばらくはすぐにシミが薄くなるなどの効果というよりは、まずは肌がかさかさして赤みをおびてきます。この時点では炎症している感じなのですが、まさにここでしみの漂白が行われているのでひたすら我慢をしました。ここを乗り越えれば下には綺麗な皮膚ができていると思って頑張れました。

 

炎症は3週間もすれば収まって来て、ハイドロキノンも併用してさらに治療をすすめていき、最終的には2ヶ月程でシミを劇的に薄くする事ができました。私の場合には副作用も特になく効果には満足できています。

 

トレチノインクリームの使い方はそこまで難しくはなく、気になるシミに一日2回塗ります。炎症が起こり、程度によってはここではぬる回数を減らすなどをします。それが収まったくらいからハイドロキノンと併用して続けていきます。この際に絶対に日焼けはしないように気をつけます。

 

私自身がかなり満足のいく効果を得る事ができましたので、私と同じようにシミで悩んでいる人にはおすすめしたいです。ただ治療中には赤くなったりかさかさになったりして、見た目的にも目立ちます。また日焼けをしてしまうと赤みが残ってしまう危険もありますので、そこも徹底しないといけません。こういった状況下での治療ができるという方であれば是非ともやってみる価値のあるものだと思います。また私の場合にはシミでしたが、小じわにも効果があります。そちらも検討してみてはいかがでしょうか。

トレチノイン&ハイドロキノンでシミ消し成功(30代/女性)

いつからあるのかわからない頬のシミが気になっていました。レーザー治療などは効果がありそうだけれど値段が高いし、と思っていた時に見つけたのがトレチノインとハイドロキノンの併用でした。これなら家で手軽にできそうだと思い、試してみました。
商品は個人輸入代行の通信販売で購入しました。全てにおいて自己責任ですが、何か不都合があったらすぐに塗布を中止しようと決めて購入を決意しました。中止することになっても後悔のない値段だったというのも決め手の一つです。

 

毎朝・晩の洗顔後に使用しました。使用方法は、まずビタミンC誘導体配合の美容液を顔全体に塗ります。そして美容液が乾いたらトレチノインをシミの部分にだけ塗布します。シミ以外の部分についてしまうと、そこも反応してしまうので、私は爪楊枝の尖っていない方に少量つけて塗布しました。その後、トレチノインが乾いてからハイドロキノンを塗布します。ハイドロキノンもトレチノイン同様、他の部分につかないように爪楊枝を使って塗布しました。

 

最初の一週間くらいは何も反応はありませんでした。二週間ほど経過した頃、シミの部分が赤くなりました。トレチノインに対する反応が出たのです。さらにその翌週くらいには皮が薄く剥けてきました。塗布開始から一ヶ月ほどでハイドロキノンも効果が出てきました。赤くなっていたところが徐々に白っぽくなってきたのです。毎日意識して観察している本人にしかわからないような変化ですが、とても嬉しかったのを覚えています。

 

毎日コツコツと続けた結果、七か月経過する頃には、シミがどこにあったのか、すっかりわからなくなりました。元々シミがそこにあったことを知る人が接近してもわからないほどです。この結果には大満足です。私は気になっていた副作用も何もなかったので安心しました。また気になるシミが出てきたら、同じような方法でシミを消したいと思います。

トレチノイン、ハイドロキノンクリームを使ってみて(20代/女性)

私は20代なのですが、顔のシミになやんでおり、化粧でも消えないシミが嫌いでした。シミのあるせいで肌がくすんでしまい、老け顔に見える気がしてどうにか消す方法を探していました。トレチノイン、ハイドロキノンクリームがシミを消す効果があるとネットで読み、藁にもすがる思いですぐにネットサイトで注文しました。

 

結果から言うと、効果はありました!
シミが薄くなったことは一目でわかりました。使い続けて1ヶ月ほどした頃に、シミが薄くなっているかなという実感がありました。まだ完全になくなってはいませんが、化粧をするとほとんどわからない程度です。

 

私の場合、副作用はありませんでしたが、少しニオイがあるのかなという印象を受けました。強いにおいではないので、気にならない人がほとんどだと思います。刺激が強いクリームらしく、人によっては副作用があるらしいので肌が弱い人は赤くなったりしてしまうそうです。

 

使い方としては、朝夜の洗顔後にシミの上にのせます。朝はクリームを塗った後、日焼け止めクリームを塗ります。日焼け止めクリームを塗らずに紫外線を受けてしまうと、シミがさらに悪化してしまう恐れもあると言います。なので、外でお仕事される方や紫外線によく当たる方は夜だけのケアをオススメします。私は、朝夜の洗顔後にクリームを塗り、クリームが浸透しやすいように、シミの部分をトントンと軽く叩いてマッサージしたり、円をかくようにくるくる指でシミの部分をマッサージしたりしました。
ニキビの赤く跡になってしまっている部分にも塗ってみましたが、なんとなく効果がありました。

 

今回悩んでいたシミが薄くなり、私は満足していますが、トレチノイン、ハイドロキノンクリームは肌への刺激が強いので、3ヶ月ほど使ったら一ヶ月お休みしなくてはなりません。
なので、私はまだ3ヶ月しか使っていないので、一ヶ月のお休み後にまた3ヶ月チャレンジして、完全にシミがなくなるまで頑張ってみようと思っています。

トレチノインクリームとハイドロキノンクリームを併用したシミ消し効果について(30代/女性)

私は二人目の子供を妊娠した頃から、シミが異常に増え始めました。
それまで色は白い方で、肌の手入れをきちんとしていなくても周囲にほめられるほどでしたが、
20代後半から一気にシミが増えました。

 

そこでインターネットでいろいろと調べた結果、自分でできるトレチノインとハイドロキノンの成分が入ったクリームを使用して、
シミのケアを行ってみることにしました。
購入はインターネットでしました。トレチノインはスティーバAの0.025%、ハイドロキノンはユーロクマの4%のものにしました。
口コミをいろいろと調べた結果、初めて使う人はあまり濃度の濃いものはおすすめしないというものが多かったので私はこの濃度のものを選びました。
到着してさっそくクリームを使い始めました。

 

まずはトレチノインクリームをシミが気になる部分に塗り、しばらく置きます。
そのあと漂白効果のあるハイドロキノンクリームを塗ってそのまま寝ます。
そして翌朝洗顔時に洗い流します。
この流れで使用していくと、1週間ほどで顔の表面の薄い皮がむけ始めました。
トレチノインクリームには肌の古い角質を取り除くピーリング効果もあると書いてあったのでそのためだと思いました。
皮がむける時に肌が少し赤くなってかゆくなりました。
これがトレチノインクリームを使用した副作用なのだと思います。ひどい人や濃度が合わない人は肌トラブルにも繋がるそうです。
私は少し赤みが出ただけで皮がむけてきてからはすぐに症状はおさまりました。

 

そして2週間ほど使ったころには顔のシミ部分の皮が一皮むけた状態になり、なんだか顔のくすみが減った気がしました。
それから1か月使用していくと、少しシミが薄くなった部分がありました。
ずっと使い続けることはできないので(休憩期間が必要)、その期間を守りながら使用して現在半年になりますが、
全体的にシミは薄くなっています。完全に消すことが難しい部分もありますが、もともと薄いシミだった部分はほとんど気にならなくなりました。
毎日夜の手入れが少し大変ではありますが、シミを消すのは簡単ではないことを実感しているとともに、
毎日のUVケアもかかわず行うようになり、トレチノインとハイドロキノンクリームを使用し始めたことで、
肌の手入れの方法ががらりと変わりました。
私としては3000円ほどで最初の効果を実感できたのはとても満足のいく結果でした。